人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

ネット証券会社の人気どこを徹底比較しています。

自分に合った業者を選ぶ前にはクチコミや体験談が欠かせません。そこで、「ネット証券ハト」では巷で人気の会社のクチコミ、体験談を集め、悪かったクチコミも積極的に公開することによって、証券会社選びに困っている方にお役立ていただけるように作っています。

ネット証券会社をトレードタイプに分別して、あなたの取引タイプに合った業者ピックアップ!

>>今月のおすすめキャンペーン情報はこちら!!

>>【特集】GMOクリック証券徹底解説!!

※アンケート結果による満足度ランキング

ネット証券の実際のユーザーから高評価を得ているのはどこ?


SBI証券

ネット証券会社の中で一番のガリバー企業といえば、SBI証券ではないでしょうか。全国で300万人以上のユーザーがいますので、自他ともに認める業界トップ企業といえるでしょう。ちなみに、管理人もSBI証券がメイン口座になっています。その人気の理由はなんなのでしょうか?私の体験談も交えてきっちり検証してみました。

最初にポイントだけピックアップしてみると、

手数料が安い!

情報量がメチャクチャ多い!

投信プランが多彩!その数1118本!

アナリストレポートの解説が明快!

高品質なセミナーがいつでも視聴可!

まず挙げられるのは、手数料が安いこと。常に業界最低水準をキープしています。ここはあまり説明の必要はないかもしれませんが、他社と比較しても最安の部類に入ります。特に少額で始める初心者トレーダーには有利な手数料設定をしていますので、ここは嬉しいポイントだと思います。

次に、なんといっても国内株式、投信プランの充実度。ここも要チェックポイントです。「取扱銘柄・情報量・その他のサービス」などを他社と比較すると、種類は豊富だし、質も非常に優れていると思います。素晴らしいの一言です。(詳しくは「SBI証券は何故選ばれているのか?隠されたメリットを徹底検証」で解説しています。

また、ネット証券なのに店舗数が多いのも親切ですね。ネット証券会社の中では日本最大の店舗数ですので、ネットだけでは不安という方にもオススメできます。他にも「簡易チャート」があったり「値上がり銘柄の上位ランキング」など細かいところなのですが、利用者のかゆいところに手が届くサービスがSBIにはあるんですよね。アナリストのレポート解説もわかりやすいものが多いので、個人的に気に入っています。⇒SBI証券のさらに詳しい検証記事はこちらから

ちなみに、SBI証券への申し込みを検討されている場合はこちらの「口座開設なら最大手のSBI証券!!その流れ」も事前にチェックしておくと後で余計な手間がかからなくて良いと思います。


マネックス証券株式会社

管理人もマネックス証券株式会社の口座を持っていますが、その理由は3つあります。「投資信託に強いこと」「海外投資商品が豊富であること」「経済情報が良質なこと」この3つです。管理人個人としては経済情報が優れていると思っていてて、特に「J.P.モルガン・アナリストレポート」をとても重宝しています。

これ、正直かなりいいですよ。J.P.モルガンが機関投資家向けに製作しているレポートをマネックス証券株式会社に口座があれば、無料で見放題なんです。英語ができなくても日本語で配信されているので私でも見ることができています^^

また、投資信託をしたい方にも人気です。投資信託であれば、まずマネックス証券株式会社が一番でしょうね。最近は小資本で投資信託ができる「1万円スタート」というプランもありますが、マネックス証券株式会社は「1,000円スタート」というプランがあるので、最初の一歩を踏み出すのに最適かもしれません。

さらに、海外投資商品も豊富で、たとえば元本割れリスクが低い「外貨MMF」なんかは人気です。この外貨MMFも含め、マネックス証券株式会社では海外投資商品のすべてを取り揃えています。しかも中国株は業界最低水準の手数料が設定されていますから、海外投資を将来的に考えている場合はオススメの業者さんです。⇒マネックス証券株式会社のさらに詳しい検証記事はこちらから


GMOクリック証券

GMOクリック証券(旧クリック証券)は若い方や忙しいビジネスマンから圧倒的に支持されています。管理人的にその理由を検証してみたのですが、一番は「シングル・サインオン」をいち早く取り入れたのが要因だと考えられます。

「え?なにそれ?」と思われた方、ぜひ一度お試しでGMOクリック証券で口座を開設してみてください。「シングル・サインオン」のおかげで一気にGMOクリック証券に口座開設が流れ込んだのですから。使ってみるとものすごく便利なので、もう手放せなくなります。

また、GMOクリック証券は手数料が最安値水準で有名です。たとえば、「日経225mini」の場合、1枚当たりの手数料がわずかの「39円」なので、他社と比べてみてもだいたい10円ぐらい安くなっています。

したがって、資金の少ない若い方やデイトレが中心の忙しいビジネスマンに人気があるのもうなづけます。2010年ネット証券会社の手数料満足度1位にも選ばれているので、ここ最近、さらに人気が出てきているGMOクリック証券です。⇒GMOクリック証券のさらに詳しい検証記事はこちらから


楽天証券

楽天証券がこれまでランキング下位だったのですが、イーバンク銀行が楽天銀行になったことにより、スムーズな資金移動が可能になり、その影響でここ最近爆発的に口座開設数が増えてきてランクインしました。

楽天はもともとポイントの面でとても有利です。楽天証券は利用頻度によってポイントがドンドンたまっていきますから、そのポイントで楽天市場で買い物できたりしてしまいます。実際の取引とは異なる部分でのメリットは一番大きいといえますね。

また、投資信託も人気があるようで、手数料無料の投資信託プランが話題になっていますし、管理人は利用したことがないのですが、「CFD」や「オプション取引」に関しての初心者向けのセミナーは定評がありますね。⇒楽天証券のさらに詳しい検証記事はこちらから


今、読まれている記事はこれだ!

当サイトで多くの方に読まれている記事をランキング形式でご紹介します。

【1位】「ネット証券会社ごとのクチコミ、レビュー、評価」

やはり一番人気の記事は業者ごとの裏の顔がわかるレビュー記事です。特にSBI証券関連に記事がアクセスを集めています。SBI証券の気になる評判手数料に関する記事が人気ですね。さらに、GMOクリック証券、マネックス証券関連の評価記事も人気です。

【2位】「初心者必見の使える攻略法」

初心者の場合、いろいろわからないことが多いと思います。いまさら聞けない質問&回答の記事が2位にランクインしました。たとえば、手数料で選ぶならドコがいいとか、情報力と投資信託ならココがいいなどの情報をまとめておりますので、初心者の方にはオススメできる記事ですね。

【3位】「ネット証券の選び方は経験者に聞け!!体験談に基づく比較!!」

3位にはベテラントレーダーに人気の記事がランクインしました。ある程度、知識のある方に向けて作ったコンテンツなのですが「日経225先物miniならこの業者!」「サーバの安定度ランキング」など気になるポイントを厳選してピックアップ、解説しておりますので、むしろ初心者の方にも読んで頂きたい内容になっております。

ネット証券ハト推奨!初心者のための失敗しない会社選び6のポイント☆

最近、株式投資を始めようと思った方で、何をどうしたら良いのかわからないという人はたくさんいると思います。まず、始めようと思った方で最初にしなければいけないことは証券会社に口座を持つことです。でも、証券会社がたくさんありすぎてわからないという人、もしくはどこの証券会社でも同じでしょと思っている人もいるでしょう。

ですが、株式投資を始めていくうちに、この証券会社では自分の考えていた取引が出来ないことに気付いたり、手数料が高くて、利益を出すためのハードルをいつの間にかあげているこ とを知り、結局あとからまた証券会社に新しく口座を開設しないといけなくなるというのはよくある話です。

そこで今回は初心者の方が出足で失敗しないように最低限これだけは知っておかないといけないというネット証券会社の選び方を6つのポイントに絞って説明させていただきます。優先順位が高いものから紹介させていただきます。


ポイント1:取引手数料

株式売買の際、取引ごとに手数料が発生します。ネット証券では大幅に手数料が安くなりましたが、安いに越したことはないです。なるべく安い手数料で利益を出すハードルを下げましょう。

現状では、GMOクリック証券が総合的に見てやすいようです。少額取引から高額取引を考慮してトータル的には低価格に抑えられております。ただ、使い勝手については別物ですので、あしからず。他にはSBI証券と、楽天証券が手数料的にはオススメです。

ポイント2:情報ツール

いかに情報を取り入れるかが勝負です。証券会社によって大きく異なってくる部分ですので、よくチェックしましょう。安さ、使いやすさ、情報量です。情報ツールは有料の所もあるので気をつける必要があります。

現状では、大和証券、マネックス証券といった辺りが情報量が多く網羅されております。あとは投資家の人が重視する内容によって、会社を微妙に使い分ける必要があるぐらいです。

ポイント3:注文の種類

リレー注文、出会い注文、逆指値注文が出来るかはチェックして下さい。単語が分からなければ調べて下さい。専業トレーダーでもない限り、ネットの画面に張付いているわけにはいかないと思いますので、何の注文方法が出来るか(特に自動売買)は必ず確認する必要があります。

ポイント4:取扱商品

IPOや端株、累積投資、投資信託、FXなどを数多くの商品を扱っている所は圧倒的に優位です。扱う商品によって利益を出しやすさが異なってきます。

ポイント5:システムトラブル

基本的にインターネットでの取引になるのですが、アクセスが集中するとサーバーダウンする場合があります。サーバーがダウンしてしまうと、注文が出せなくなってしまいますので、システムが安定しているかは確認する必要があります。またダウン時に電話注文などの対策を採っているかも確認する必要が あります。

ポイント6:口座開設費・管理費・その他費用

ネット証券は基本的に口座開設費・管理費が無料の所が多いので大丈夫かと思いますが、例えば、情報ツールを使う場合、有料な場合もありますし、初年度のみ無料という所もありますので、確認が必要です。

※これらのポイントを全て満たしてくれるという証券会社は無いと思いますので、2,3社に絞って口座開設し、実際に取引する会社はここ、情報収集する会社はここといった具合に使い分けることを強くお勧めします。現状はやはり人気がある楽天証券やSBI証券がトータル的に見て使い易く、手数料的にもお手頃でバランスが良いです。

人気急上昇中のCFD。FXとの違いは?

CFD(差金決済取引)とFX(外国為替証拠金取引)とは、一言で言うのなら取引の内容ですね。FXは基本的に通貨に投資するのに対し、CFDは株や金などあらゆるものを取引できます。

もっとも異なるのはそこですね。投資できる範囲が広いということです。しかし反対にいうと、違いはそこだけで、他はかなり共通点があります。

仕組みが似ているので、まずはFXをはじめて、それでなれてきたら、徐々にCFDに移行されていくというケースが多いですね。ただ、CFDはFXよりも少々難しい部分があるので、その点は要注意です。

※当サイトに掲載しているクチコミ等の情報は、管理人の経験、知人から提供された情報、ネット等から集めてきた情報を元に製作しております。なお、著作権の問題上、一部内容が変更されている場合がございますが、クチコミの趣旨は変わりありません。また、クチコミは個人の主観、感想ですので、内容が必ずしも全て事実とは限りません。あしからずご了承くださいませ。