人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

トップへ > まずは…基本情報 > 口座開設なら最大手のSBI証券!! その流れ

口座開設なら最大手のSBI証券!! その流れ

今回は、SBI証券の「口座開設までの手順」について勉強してみましょう。SBI証券では、主に3つの口座開設の方法があります。以下をご覧ください。

1. 店舗に行って、直接口座を開設する
2. ネット上で開設する
3. 申込書を郵送してもらい、必要事項を記入して郵送する

それでは、それぞれの方法を詳しく解説していきます。

【重要】お申込前にご確認ください!

法令により、口座開設において、マイナンバーの提出が必須となりました。
マイナンバー及び本人確認書類の提出は、

・書面
・Webアップロード
・Eメール

より行う事ができます。

口座開設の前に、なぜSBI証券が人気なのかを知りたい場合はこっちも読んでみてくださいね。
SBI証券は何故選ばれているのか?隠されたメリットを徹底検証

店舗に行って、直接口座を開設する

この方法が最も確実ですね。 店舗に行くという手間は面倒ですが、目の前に担当者がいるため、分からないことを質問しながら口座開設することが出来ます。 ただし、「手ぶら」で行ってはいけませんよ(笑)。 口座開設に必要なアイテムを持参して足を運びましょう。


必要なアイテムは「印鑑」と「本人確認書類」ですが、印鑑は銀行印を持っていけば確実でしょう。本人確認書類に関しては、SBI証券の公式ホームページを参照にしてください。


上の画像はSBI証券のホームページでも確認出来ますが、上記から1つを選び、持参してください。なお、必要なアイテムの他、口座開設には「振込先金融機関口座(銀行口座)」を通知する必要があります。口座番号など、覚えていないなら通帳等を持っていった方が良いかもしれません。


ネット上で開設する


こちらの方法は、ある意味で「最も手っ取り早い」と言えるでしょう。店舗に行く手間がかかりませんし、短い期間での口座開設が可能です。それでは、ネット上での口座開設の手順を詳しく説明していきます。


kouzakaisetsu_2.jpg


まず、口座開設の画面にアクセスして、必要事項を記入していきます。


SBI証券のホームページ、基本的にインターネットの初心者でもわかりやすく作られていますので、手順通りに進めていくと、ネット申込みの画面が別ウィンドウで開きます。すると、個人情報を書き込むフォームが現れるので、そこに必要事項を記入してください。


なお、記入漏れ確認に関しては...
nokori_hisu_koumoku.jpg
このような表示が常にあるため、「あと○○項目だな」と一発で分かるようになっています。もちろん、それでも記入漏れがある場合は...
minyuryoku.jpg
このような表示がページの一番下に現れますので、必要事項を全部記入してから次のページに移動しておきましょう。


さて、必要事項に記入すると、今度は「初回ログイン時の未登録情報の設定」というページに移ります。取引を開始するために必要な情報を記入していくのですが、下の画像をご覧ください。


image010.jpg


image010-2.jpg

この画像は、SBI証券のホームページにも記載されていますが、未登録情報の設定方法を説明したものです。設定に関して分からない点があれば、上記を参考に作業を進めておきましょう。


続いて、未登録情報を設定すると、SBI証券より「口座開設手続完了のご案内」という書類が郵送されてきます。最短なら翌日に届きます。


送られてくる案内書類は「本人限定受取郵便」となっています。つまり「転送は不可」になるんですね。必ずあなた自身が受け取らなければならないと考えておきましょう。


なお、「口座開設手続完了のご案内」の書類の中には「印鑑届出書」が同封されています。それに署名・捺印して、必ず「本人確認書類」と一緒に返送することをお忘れなく!


申込書を郵送してもらい、必要事項を記入して郵送する


さて、すべての作業をネット上で行うことも可能ですが、「ちゃんと書類の郵送で口座開設をしたい!」という方も多いですね。では、書類の郵送での口座開設の流れを確認していきましょう。


yuusou_toriyose.jpg


まずは「口座開設申込み」を請求してください。もちろん無料で請求することが出来ます。

ここをクリックすると、申込書請求に必要な情報を記入するページが別ウィンドウで現れます。そこに住所等の情報を記入して、確認画面で情報の間違いがないかを確認し、問題なければ請求ボタンを「ポチっ♪」とクリックしてください。


数日内には申込用紙が郵送されてきますので、そこに必要事項を記入し、本人確認書類と一緒に返送すればOKです。


すると、SBI証券からさらに書類が送られてきます。
そこには口座番号とパスワードが記載されていますので、それと一緒に未登録情報の設定を行ってください。なお、「未登録情報の設定方法が分からない!」という方もおられますので、上の方で紹介した画像をもう一度紹介します。


<未登録情報の設定方法>
image010.jpg


image010-2.jpg


分からないことがあれば、上記を参考に作業を進めておきましょう。
そして最後に、取引に必要な資金を口座に入金すれば、いざ、取引を開始することが出来ます。


ちなみに、これはちょっとした裏技なのですが、申込書を自宅でプリントアウトして、それを郵送して口座開設を行うことも出来ますよ。SBI証券から書類を送ってもらう時間の短縮になるため、こちらの方法も検討してみてください!


口座開設での注意点


さて、長い解説になってしまいましたが、口座開設の方法は上記の通りです。しかし口座開設に関しては、注意すべき点もありますので、最後に注意点を紹介しておきましょう。


1.捺印が不鮮明だ!
これは痛いですね。店舗で直接口座を開設するなら担当者がチェックしてくれますが、ネット口座開設や郵送サービスなど、これらの方法では「捺印の鮮明さ」を自分でチェックする必要があります。必ず、縁までしっかりと捺印されているかどうか、確認するようにしておきましょう。さもないと認証不可になってしまい、もう一度口座開設の作業をする必要がありますので。


2.記載ミス
こちらも痛いですね。住所や電話番号など、ちゃんと正しく入力しておきましょう。ただし、以下のようなミスが多く見られるのでご注意を。
「本人確認書類の住所と現住所が違う」
このような方もおられますが、これでは本人確認書類を提出する意味がありません。必ず、提出する本人確認書類に記載されている住所を書いておきましょう。


3.「本人限定受取郵便」なのに...
ネット上で口座開設を行う場合、必ず本人限定受取郵便が届きます。「郵便局留め」や「自動転送」は出来ないんですね。
なのに、本人限定受取になっていないなど、これでは書類が届かないため、いつまでたっても口座開設をすることが出来ません。ぜひ注意しておきましょう。


いかがでしょうか?一言で口座開設と言っても、意外と複雑になっているケースが多いですね。また、書類のやり取りなど、これらに混乱される方も多いと思います。


もちろん、分からない点を電話等で聞く方法もありますが、これでは余計に時間がかかってしまいます。また、「(捺印が不鮮明などの)不備で口座開設が出来なかった。腹が立ったので諦めた...」という方も多いですね。


これでは、せっかくの業者のメリットを生かすことが出来ません。スムーズに口座開設を行い、スムーズに取引を開始できてこそ、「スタートラインに立った」と言えることを覚えてください!

SBI証券の今だけのキャンペーン情報・口座開設はこちら
SBI証券のさらに詳しい口コミ・情報はこちら


※アンケート結果による満足度ランキング