人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

トップへ > まずは…基本情報 > SBI証券の新サービス「SBI FXα」の従来との違い

SBI証券の新サービス「SBI FXα」の従来との違い




株式会社SBI証券は、2003年4月より
外国為替保証金取引「SBI FX」の提供を開始し、
2008年10月末時点での外国為替保証金取引口座数は
125,604口座となっています。


同社は、2008年11月17日(月)より
新サービス「SBI FXα」の提供を開始しました。
従来からの外国為替保証金取引「SBI FX」に、
新たにサービス内容を大幅に拡充したものとなっています。


新しい「SBI FXα」は、従来の「SBI FX」と比較して
主に以下の4点でサービス内容が大幅に拡充されています


1.20通貨ペアの取り扱い

大手ネット証券初の取扱いとなる
トルコリラ−円など4通貨ペアを新たに追加し合計20通貨ペアに。




2. レバレッジの選択肢を拡大

約1倍から25倍までの選択が可能に。
(従来は約10倍のみ)


3. 「SBI FXミニ」を新設

従来の10分の1の1,000通貨単位での取引が可能に。


4. 注文方法の追加

①トレール注文
トレール注文とは逆指値注文に値幅指定機能を追加する注文です。
逆指値を注文するときに値動きによって売り逆指値価格を引き上げたり、
買い逆指値価格を引き下げたりする注文です。

②2WAY注文
売値と買値を確認し、レートを直接クリックすることで
クリックした瞬間に提示されていたレートで発注する注文方法
です。
注文発注後にレート変動があった場合、
指定したスリッページ幅の範囲内であれば変動後のレートで約定します。
提示されたレートで、すぐに取引したい場合に有効な注文です。


■通貨ペア

米ドル-円、ユーロ-円、ポンド-円、豪ドル-円、NZドル-円、
カナダドル-円、スイスフラン-円、人民元-円、香港ドル-円、
南アランド-円、SGPドル-円、メキシコペメ-円、ユーロ-米ドル、
ポンド-米ドル、ウォン−円、豪ドル−米ドル
トルコリラ−円 スウェーデンクローナ−円 
ポーランドズロチ−円 ノルウェークローネ−円


■取引手数料

SBIFXα:無料(現引も同様)
SBIFXミニ:無料(現引不可)


■注文パターン

通常、IFD、OCO、IFDOCO、トレール、2WAY


■レバレッジ

約1倍から25倍まで


■取引チャネル

WEBサイト、携帯端末「MOBILE SBI」

※アンケート結果による満足度ランキング