人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

ネット証券&オンライン証券の比較 - 初心者のためのネット株入門講座 > まずは…基本情報

まずは…基本情報

HYPER SBI(旧ハイパーイートレード)とは?

【HYPER SBI(旧ハイパーイートレード)とは?】

「SBIイー・トレード証券(現SBI証券)」が提供するトレーディングツールです。
自分のパソコン内にソフトをダウンロードして利用するタイプのメ純tトウェアです。
ユーザー側で自由にコンポーネントをカスタマイズできるので、
自分の欲しい情報だけを一つの画面で確認できます。


【HYPER SBI利用料】

0〜540円/月:無料条件あり

「HYPER SBI(旧ハイパーイートレード)とは?」詳細はこちら

SBI証券 貸株サービス金利引き上げ!!

投資家が保有している株式を証券会社に貸し出すと、証券会社は借り受けた株式に応じて投資家に金利を支払います。この金利のことを貸株料とか、貸株金利といい、このサービスを貸株サービスといいます。

貸株サービスを提供している証券会社では、投資家から借りた株式を機関投資家などに貸し出し、ここから金利を受け取ります。そして、証券会社は、この受け取った金利に基づき、貸株サービス利用客に貸株料を支払うわけです。

「SBI証券 貸株サービス金利引き上げ!!」詳細はこちら

SBI証券の信用取引ってなに??

信用取引とは、証券会社から借りた資金を利用して株を購入する取引や、証券会社から借りた株を売却する取引(カラ売り)のことです。

「SBI証券の信用取引ってなに??」詳細はこちら

口座開設なら最大手のSBI証券!! その流れ

今回は、SBI証券の「口座開設までの手順」について勉強してみましょう。SBI証券では、主に3つの口座開設の方法があります。以下をご覧ください。

「口座開設なら最大手のSBI証券!! その流れ」詳細はこちら

SBI証券のJCBカードについて教えて!!

今回はSBI証券で斡旋しているSBI証券JCBカードについて検証してみます。

SBI証券JCBカードは、

・ キャッシュカードとして、セブン銀行及びゆうちょ銀行のATMから
  SBI証券の口座への入出金をすることができる

・ JCBクレジットカードとしても利用できる

2つの機能を持ったカードです。

また、クレジットカードの利用で貯まった「Oki Dokiポイント」をSBI証券総合口座へ株式・投信等の購入資金として振り替えることができます。

「SBI証券のJCBカードについて教えて!!」詳細はこちら

SBI証券iPhone・iPod touchに対応へ



SBI証券が、2008年10月からiPhone・iPod touchに対応するようになりました。


従来からのモバイル向けサービス「MOBILE SBI」を
iPhone・iPod touchへ対応させたもので、
新しいサービス名称は「MOBILE SBI for W-ZERO3,iPhone」となる。


iPhone・iPod touchと同時にWILLCOM「W-ZERO3」シリーズにも対応する。
タッチパネル、キーボードを利用しながら、各種取引や、市況情報の確認が行える。

「SBI証券iPhone・iPod touchに対応へ」詳細はこちら

SBI証券の新サービス「SBI FXα」の従来との違い




株式会社SBI証券は、2003年4月より
外国為替保証金取引「SBI FX」の提供を開始し、
2008年10月末時点での外国為替保証金取引口座数は
125,604口座となっています。


同社は、2008年11月17日(月)より
新サービス「SBI FXα」の提供を開始しました。
従来からの外国為替保証金取引「SBI FX」に、
新たにサービス内容を大幅に拡充したものとなっています。


新しい「SBI FXα」は、従来の「SBI FX」と比較して
主に以下の4点でサービス内容が大幅に拡充されています


1.20通貨ペアの取り扱い

大手ネット証券初の取扱いとなる
トルコリラ−円など4通貨ペアを新たに追加し合計20通貨ペアに。

「SBI証券の新サービス「SBI FXα」の従来との違い」詳細はこちら

SBIジャパンネクスト証券のPTSってすごい!!

PTSとは、Proprietary Trading Systemの略で、言葉の意味は「取引所外での証券取引システムで、主に機関投資家や法人を対象とする。(野村證券HPより)」とされています。

「SBIジャパンネクスト証券のPTSってすごい!!」詳細はこちら

※アンケート結果による満足度ランキング