人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

トップへ > 気になる評判・Q&A > SBI取引の評判を聞いてみよう!!

SBI取引の評判を聞いてみよう!!

ここでは、SBI証券の良い口コミ・評判と悪い口コミ・評判をご紹介したいと思います。ネット証券最大手クラスですから、評価に関しては人それぞれですね。口コミは◆以降が口コミの内容、線で囲まれた部分が、その解説です。


SBI証券の良い口コミ・評判


◆初心者でも、いろいろな機能が付いていて、手軽に取引ができるので便利。
 設定がシンプルで「スクリーニング」の機能が良い。


スクリーニングとは、数多くある銘柄の中から色々な条件で絞込みをして銘柄を見つけるサービスです。例えば、数値的なものではPER(株価収益率)やPBR(株価純資産倍率)が一定水準以上の銘柄を調べたり、数値以外のものでは、配当の行われている銘柄や株主優待を行っている銘柄を調べたり出来ます。


◆携帯を使って注文ができるので、外出先でも便利。
 株取引初心者向きだと思う。


モバイル環境は現在、携帯電話とスマートフォン(W-ZERO3・iPhone)にて提供されています。


◆ツールも品揃えにも満足。情報量も多い。
 SBIネット銀行と連携しているのもいい。


◆ハイブリッド口座があるのが便利。


SBIハイブリッド口座は、基本的には住信SBIネット銀行の円普通預金です。ですが、その残高がSBI証券の現物取引や信用取引に資金として使える特徴があります。

通常、ネット証券会社の買い付け余力を増やす場合には、銀行等から証券会社の口座に入金する必要があります。その際に、銀行等からの入金は即座に反映する場合が多いのですが、逆に買い付け余力を銀行等への出金する場合、タイムラグがある事が多いです。ハイブリッド口座の場合、余力を増やすための入金がありませんので、タイムラグがありません。そこが便利な点です。

また、ハイブリッド口座にある預金を住信SBIネット銀行以外の銀行に移す場合は、一旦住信SBIネット銀行の普通口座に預金を移してから、他の銀行へ振り込む事になります。

普通口座とハイブリッド口座の資金移動は無料で、普通口座から他行への振込も振込手数料無料が3回ありますのでかなり便利です。



◆対応が親切。

◆不都合が少ないので、他の人にも勧められる。


◆夜間取引があるのが嬉しい。


夜間取引は2012年から再開予定です。


◆貸し株が出来るのが何気に嬉しい。ちょっとしたお楽しみになる。


貸し株とは、自分の株式を一時的にSBI証券に貸出す仕組みです。貸出した株式に応じた金利を受け取れます。あくまで貸すだけなので、任意のタイミングで返してもらうことも自由です。株主優待や配当のタイミングで貸し株を戻している人も多いです。

貸株料は、株数×時価(金利計算日の終値もしくは気配値)×貸株料率÷365となります。

時価1200円の株を1000株、貸株料率が0.4%と設定されている時は
1000株×A社@1200×0.4÷365=13.15円の貸株料が1日で入ります。

貸株料率は、1.0%以上のものが約20〜50銘柄、約600銘柄が0.5%、約2800銘柄が0.4%、約130銘柄が0.1%となっています。
状況によって貸株料率は見直しされているようです。』



◆ハイブリッド口座のおかげで、銀行と証券口座の資金移動がしやすい。

◆SBI債は利率も高いし、凄くいい。気がついたら利金(利息分のお金)が入ってる感じ。


SBI債は、正式には「SBIホールディングス株式会社 円建社債」と言います。口コミにもあるように、条件がよくリスクも少ないので、すぐ売り切れてしまう人気の商品です。過去の条件としては、6ヶ月満期で利回りが年1.80%(税引前)や1年満期で年1.96%(税引前)といったものがありました。


SBI証券の悪い口コミ・評判


◆書類を送付した時の対応が遅い。
 転居届けを出すために、書類不備での返送とサポートからの連絡を待って
 5日かかって、その後3日経ってもまだ届いていない。
 
 
◆株を売却した時に、買い付け余力が発生するのが3日後になる。

◆これに関しては、SBIが即日決済ではないため。
 ただ、買った株の決済も3日後になるため、
 株を売った後に他の株を買うことが出来るので一応辻褄はあっている。


これは、決済日が3日後なのでその瞬間には見た目の買い付け余力が増えないと言うものです。SBI証券は即日決済ではないのでこのような現象が起こります。ただ、この場合でも、株を売った分の資金で新しい株を買うことは出来ます。

なぜなら、買った分の株の決済(支払い)も3日後になりますので、売った分の株が決済されて、その資金で新しく株を買った事になり、ちゃんと辻褄が合う、と言う事になります。

ただ、即日決済のネット証券会社もありますが、3日後決済の会社も多いので、これに関してはSBIだけの問題ではないと言えると思います。



◆年間の損益が一覧で見られない。


これは200件までしか取引履歴の詳細を見られないため。200件以下なら見られる』


◆週末に臨時メンテナンスが多い。ほぼ定期と言ってもいい。

◆W指値が無いのは不便。


W指値とは、通常の指値と逆指値を同時に出す注文方法です。例えば、売る時には、自分が希望する高めの売り値と、大きく下がった時の低めの売り値を同時に設定できます。主にリスク回避のために使われることが多いです。


◆夜間取引を早く再開して欲しい。


夜間取引は2012年から再開予定です。


◆発注の際に、事あるごとにSOR取引に戻されて間違えて発注しやすい。


SOR(スマート・オーダー・ルーティング)取引とは、証券取引所(東証や大証など)とSBIPTS市場を比較して、自動的に有利な市場を選択して注文する、と言うものです。 ただ、「有利な市場」と言うのが曲者で、「約定できる可能性」を加味したり、なかなか人間が理解に難しい発注をする場合もあるようです。

元々は、操作画面で東証(もしくは大証など)に発注する設定が初期の設定になっていました。それが、システム変更でSOR取引に変わり、間違えてSOR注文をしてしまうと、かなり評判は悪いようです。



◆貸し株金利が銘柄ごとになって、自分の銘柄はかなり下げられた。

◆個人に人気の銘柄はどうやら0.1%で設定されたらしい。

◆チャートのシステムを改変して見づらくなった。

◆チャートのシステム改変後に重くなった気がする。

◆コールセンターの対応が良くなかった。
 キャンペーンのキャッシュバックに合わせて口座開設の手続きをしたのに、
 パスワードがなかなか送られてこなかったので、
 コールセンターにかけたら、期限が過ぎたのでキャッシュバックは
 出来ないの一点張りだった。
 
 
◆数年前のはなしですが、コールセンターのテンプレ回答で腹が立って、
その後質問は一切していません。


口コミを総合すると・・・


以上、良いもの悪いもの、色々な口コミをご紹介させていただきました。口コミを総合して、自分の経験も加えて考えますと色々見えて来ることがあります。


まず、「週末に臨時メンテナンスが多い。ほぼ定期と言ってもいい。」事から、週末にしかまとまった時間の割けないサラリーマンの方などには向いていない、と言えます。


これは松井証券などもそうなのですが、週末にメンテナンスが入ると自分の保有株や検討したい銘柄も情報などがまったく見られません。事前の検討時間は絶対に割くべきなので、週末しか時間が取れない場合、SBI証券はあまり向いていません。


また、ハイブリッド口座を有効に活用されている方が多いようです。
資金移動を効率よく低コストで行える点はメリットが大きいでしょう。


また、直接の株取引ではないもののSBI債はかなり有利な商品です。
SBI債のメリットは、円建ての個人投資としては利率が高い事、社債としては償還期間の短い6ヶ月や1年である事が挙げられます。


リスクに関してもSBI証券の格付け「BBB」をどう見るかはあるものの、1年程度の短期ではそう大きな破綻はないと見て良いと思います。リスクとリターンを鑑みて、リターンが大きいと見る人が多いのでSBI債は人気の商品となっています。SBI債だけのために口座を開いている人もいるくらいなので、SBI債は活用したいところです。


ユーザーサポートに関しては賛否両論ありますが、ネット証券会社は全体的に紙ベースの処理は弱いような気がします。電話での対応も手取り足取りまでは期待できませんが、一般的な疑問にはきちんと対応してくれるレベルには達しているでしょう。


総じて、手数料の体系も合わせると「初心者・時間が無い人」よりは、「平日時間が取れる人・取引の多い人」に向いている証券会社だと思います。平日時間が取れる人にとっては、週末のメンテナンスが多い事は大きく問題とならないはずです。


また、取引の多い人にとっては手数料の安さはメリットが大きく、取引にも慣れているからコールセンターが多少紋切り型でもほぼ困る事は無いでしょう。資金の移動も多くなると思いますので、ハイブリッド口座も活用しやすいと思います。


この層であれば、たぶん比較対象は楽天証券になるでしょう。ヘビーユーザーは両方口座を開設して使い分けになってるかもしれませんね。「初心者・時間の無い人」もSBI債の存在があるので、それだけにポイントを絞って口座を開設しておくのも良いと思います。


良い決断をして、楽しいネット株ライフをお送りください!


SBI証券の今だけのキャンペーン情報・口座開設はこちら
SBI証券のさらに詳しい口コミ・情報はこちら


※アンケート結果による満足度ランキング