人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

トップへ > 商品・銘柄ごとにおすすめネット証券を紹介 > 1万円から投資を始めたい方になぜ投信がオススメなのか?

1万円から投資を始めたい方になぜ投信がオススメなのか?


投信(投資信託)は、投資のプロがあなたに代わって資産運用をしてくれるシステムです。FX上級者のような超高利回りは期待できませんが、リスクが少なく、なおかつ、銀行に貯金するよりも高い利回りが期待できるのが人気の秘密です。


しかし、一言で投信と言っても、選べるプランは様々であり、「リスクは高いけど、利回りを優先して運用する」や「利回りは低くても良いので、リスクを徹底的に抑える」など、これらを選ぶのはあなたの責任なんですね。


そこで、「選べるプランが多い(取扱商品が多い)」という視点から、「有利なネット証券業者」を紹介していきましょう。
「選べるプランの豊富さ」を最重要ポイントとして、その他、手数料や初心者向けサービスなども加味し、ランキング形式でお届けいたします!


■選べるプランが多いネット証券業者ランキング

まずは、下のランキングをご覧ください。

1位:SBI証券
2位:マネックス証券株式会社
3位:楽天証券


これは、あくまでも「選べるプラン」を最重要ポイントとして、私の独断で作成したランキングですが、上記3社は、取扱商品の豊富さはもちろん、手数料や初心者向けサービスの面でも利用者の支持を集めているのです。

それでは、さっそく1社ずつ、詳しく分析していきましょう。

第1位:SBI証券
image001.gif
SBI証券の特徴

1. 外国株の種類が豊富
2. 投資信託取扱数2366本(2016年9月27日現在)
3. FX、eワラント、保険など、投資なら何でもできる!
4. 手数料が格安


まず「1」ですが、今では成長著しい外国株に投資する人も多いですよね。SBI証券では、米株や中国株はもちろん、他社ではあまり取り扱われていない「ロシア株」や「韓国株」など、とくに外国株の種類は豊富と言えます。

また、海外ETFも約300銘柄(2016年9月27日現在)と、まさに「よりどりみどり」の商品ラインナップとなっています。


「取扱商品数が多い」という意味では、取り扱いファンドの数も豊富なラインナップとなっています。
上記の通り、投資信託取扱数2366本(2016年9月27日現在)と、業界屈指の品ぞろえと言えるでしょう。

さらに、FXやハイリスク・ハイリターンの「eワラント」も充実しているなど、あなたが描いている投資プランが、たとえ他社では難しくても、SBI證券なら取り扱っているという可能性が非常に高いと言えます。


もちろん、手数料でもSBI証券は有利と言えるでしょう。業界で最も安い水準をキープしており、少ない資金から始められるプランも多いため、「これから投資を始めたい」という方にもオススメです。

唯一、短所を挙げるとすれば、「FXのサービスが他社より劣っている」ということになりそうです。
ネット証券は、投資の総合デパートであるため、FXを専門に提供している業者に勝つことは難しいと言われています。


しかし、「FXも株式も投資信託もやりたい!」と考えている投資家も多いため、たとえ総合デパートでも、専門店に勝てるようなサービスが求められているのです。

それでは最後に、SBI証券が提供している商品ラインナップを下にまとめてみます。

国内株式 現物・立会外分売・REITなど9種類
外国株式 米・中国・ロシア・韓国・ベトナム・インドネシア・海外ETF
投資信託 株式投資信託・外資建MMFなど
債券 円建て&外資建て
FX
先物・オプション
カバードワラント 3プランを用意
その他 保険、個人年金積立など


いかがでしょうか?
第3者機関の調査会社によると、顧客満足度やサービスの充実など、ネット証券ランキングで常に上位に来ているだけのことはあります。
最近では、「少ない資金」によるプランも多く販売されているため、初心者の方でも始めやすい業者と言えるでしょう。

第2位:マネックス証券株式会社
image002.gif
マネックス証券株式会社の特徴

1. 中国株の豊富さで人気の業者
2. 「投信積立プログラム」でコツコツ運用が人気
3. 初心者向けのセミナー多数
4. 個人向けのオルタナティブ投資あり


中国株と聞いて、まず思いつくのが「マネックス証券株式会社」でしょう。
今では、ほとんどのネット証券業者が中国株を提供していますが、中国株の商品ラインナップで言うと、間違いなくマネックス証券株式会社が「No.1」と言えます。


外国株の種類については、米株と中国株だけですが、外貨建てMMFでは「米ドル・ユーロ・豪ドル」の3種類で運用できます。

マネックス証券株式会社は、初心者や少額の投資を希望している方にオススメと言われるのですが、その秘密が投信積立プログラムの存在です。
毎月、1000円程度をコツコツと積み立て、普段の銀行貯金を、より高い利回りの商品で行うものだと考えてください。


また、「初心者向き」の評判は、セミナーにも表れています。
一般的には、どの業者でも「初心者向けセミナー」を開催しているのですが、マネックス証券株式会社の場合、さらに「入門編」と「初心者編」に細分化し、「全くの初心者」を考慮したセミナーも多数行われているのです。
セミナーカレンダーを見て、ぜひ参加するようにしておきましょう。


さらに、オルタナティブ投資を個人向けに販売しているのも、マネックス証券株式会社の特長の1つと言えます。
「成果報酬型の投資」と呼ばれており、換金性は低いのですが、ごく一部の機関投資家しか手が出せなかった投資商品が、比較的、少額から始められるのも面白いでしょう。

それでは、マネックス証券株式会社が提供している商品ラインナップを下にまとめてみました。

国内株式 現物・ワン株等
外国株式 米・中国(外資建てMMFもあり)
投資信託 積立プログラム、オルタナティプなど
債券 新規発行・外資決済etc...
FX
先物・オプション
その他 保険


中国株の人気の他、投信積立プログラムも大きな人気を集めています。もちろん、投資ですので元本割れのリスクはあるのですが、現在の日本の銀行貯金に「何の意味もない」ということを考えると、貯金がわりに積立プログラムを利用する価値は高いと言えるでしょう。

第3位:楽天証券
image001.gif
楽天証券の特

1. 言わずと知れた、ネット証券人気No.1業者
2. 海外先物の種類が豊富
3. 1円単位からの積み立てが可能
4. 銀行サービスと直結した投資が可能


言わずと知れた、ネット証券業界No.1の人気を誇る業者です。
しかし、私は今回のランキングで楽天証券を「第3位」に置いたんですね。その理由ですが、このランキングは、「取扱商品(選べるプラン)が多い」を最重要ポイントとしているため、商品ラインナップでは「SBI証券」や「マネックス証券株式会社」の方が上だと判断したためです。


しかし、たとえ第3位でも人気No.1の業者だけあり、「心をくすぐられる...」という商品も多数用意されています(笑)

まず、「海外先物」の取引が容易に出来るのは嬉しいですね。それほど日本人投資家には需要のない商品かもしれませんが、それでも取り揃えているのには好感が持てます。


また、「1円単位からの積立」も、楽天証券の人気商品の1つです。楽天証券は、どちらかと言うと「若い世代の利用者」が多いものです。若者の利用者の場合、どうしても資金量に限りが出てきますので、「1円単位」は有難いサービスと言えるでしょう。

そして何よりも、SBI証券と同様に、「銀行サービスも持っている」は注目すべきポイントです。つまり、様々な投資プランとそれに必要な資金の移動が、非常にスムーズに行えるのです。もちろん、24時間の口座反映となりますので、「夜中に入金して取引をする」ということも可能です。


それでは、楽天証券の商品ラインナップをまとめてみましょう。

国内株式 現物・信用・夜間取引等
外国株式 米・中国(外資建てMMFもあり)
投資信託 投信・MMF・MRF・外資建てMMF
債券 国内&外国
FX
先物・オプション
カバードワラント


SBI証券の今だけのキャンペーン情報・口座開設はこちら
SBI証券のさらに詳しい口コミ・情報はこちら


楽天証券の今だけのキャンペーン情報・お申込はこちら
楽天証券のさらに詳しい口コミ・情報はこちら

マネックス証券株式会社の今だけのキャンペーン情報・お申込はこちら
マネックス証券株式会社のさらに詳しい口コミ・情報はこちら


※アンケート結果による満足度ランキング