人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

トップへ > ネット証券の選び方は経験者に聞け!!体験談に基づく比較!! > ネット証券のツールで使いやすいのは「松井証券」その他サポートについても

ネット証券のツールで使いやすいのは「松井証券」その他サポートについても

「松井証券」と「SBI証券」の使い勝手、トレードツールについて

松井証券はシンプルで初心者にとってとても使いやすいです。

項目は株式取引、先物OP、資産状況、口座管理、情報検索が選べ、株式取引をしたいときは、左にバーがあるのでそこで注文照会、現物買、現物売、信用新規、信用返済、立会外分売、単元未満株売などが選べます。

株式取引だと注文照会が一番トップに来ているので、注文しておいて、その後ログインすると購入できているかがすぐにわかります。


また、現物売の項目を選ぶと、株式評価損益合計や、株式時価総額もその横に出てくるので自分が保有している株式がプラスなのかマイナスなのかがとても見やすいです。

そして、資産状況の項目では、選ぶと現物買付余力とともに、現金残高を見ることができます。この項目は買付余力を見ていくらくらいあるからこれは買えそうというのがすぐわかってよく使うツールです。


SBI証券は松井証券と比べるとちょっと複雑です。 そして広告が多い気がします。

メニューがあるのでそこからマーケット、国内株式、債権、FXなどの項目を選ぶことができます。

国内株式を選ぶと新規注文があるのでそこから注文ができます。

また、逆指値ができるので損切りをしたいときなどにも利用できます。


そしてSBI証券のいいところは、デモ画面があるので迷ったらそれを見ながら進むことができる点です。 株式だけでなく投資信託や為替取引にもデモ画面があるので、迷ったらそれを確認しながら購入できます。

そして、松井証券との違いとしては新規取引商品の案内や、セミナー、キャンペーン情報がトップページに見ることができるので、そういった情報を知りたい場合はとても便利です。


「松井証券」と「SBI証券」のサポートについて

ネット株なので、あまりサポート体制があることを感じたことはありません。

ただ、松井証券では確定申告の時期には特定口座分のレポートを送付してくれます。

確定申告をしなくても自分の取引を見ることができて大変助かります。

インターネットでは精算表という画面で今月分、先月分は掲載されているのですが、それよりも前であると 年月を設定して検索しなくてはいけないためなかなか面倒です。

そういった意味で一年間のレポートを送ってくれるのはとても嬉しいです。


SBI証券では取引をほとんどしないのと、そういったサービスがないのか特定口座のレポートは来ません。

ただしネットでセミナーがあり、それを参考にしています。 動画配信のセミナーでどこかにでかけなくともセミナーを受講できることがとても便利と思いました。

特に気になっている金融商品についてのセミナーは、興味があるけれど売りつけられると困る場合、 こういったセミナーだと適度な距離感があり受身で聞けます。

気に入ればその金融商品を購入すればいいというスタンスはとてもいいなと思ってよく利用しています。


SBI証券の今だけのキャンペーン情報・口座開設はこちら
SBI証券のさらに詳しい口コミ・情報はこちら

※アンケート結果による満足度ランキング