人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

トップへ > マネックス証券株式会社徹底特集 > マネックス証券株式会社「サイトの使いやすさNo.1」の秘密を探る!

マネックス証券株式会社「サイトの使いやすさNo.1」の秘密を探る!

マネックス証券株式会社のサイトは、使いやすく安定感と信頼性があると高い評価を得ています。使いやすいサイトとはどのようなものでしょうか?なぜ、そのようなシステムを作ることができるのでしょうか?その実態についてみていきましょう。

「サイトの使いやすさNo.1」の秘密を探る

マネックス証券株式会社のサイトの特徴をひと言で表すと、「優しくて親切」です。内容のレベルが低くて分かりやすいということではありません。投資家が知るべき情報を視覚的に見やすく、順序だてて用意してくれているような香書「なのです。


例えば、Aという情報を調べた人はBという情報も必要とする傾向があると、先回りして配置してくれています。情報はそれぞれ具体的でイメージしやすく、読む側を疲れさせません。


証券会社のサイトはただの会社ホームページとは違って、投資家が以下の作業をする非常に大切なホームグラウンドです。

・ 情報収集: 金融商品知識、投資情報、経済情勢
・ 取引作業: 分析する、検索する、売買注文を行う
・ マネー管理: 口座管理、入出金、ポートフォリオ分析

ただ大量の情報や機能に頼るだけでなく、整理整頓して使いやすい見せ方をすることは、ユーザーの投資環境に大きく影響します。しかし、サイトの使いやすさという要素は、大切だけど手数料の安さなどに比べてアピール力が弱いのです。


しかし、マネックス証券株式会社は個人投資家の投資に関する啓蒙活動に力を入れている企業なので、ここは手を抜きません。ユーザーからの意見をもとに、2006年10月以降から56回ものシステムリニューアルを行っています。変更内容は大幅な機煤薯ヌ加から画面のデザインまで多岐にわたります。


こういった地道な努力から、現在の使いやすさNo.1のサイトが実現しているのです。


注文方法の多彩さは業界トップ

マネックス証券株式会社の注文方法の多彩さは間違いなく業界トップレベルです。まず、注文の条件設定で困る事はありません。


特におすすめなのがロスカットおよび利益確保に便利な「逆指値」、さらにその発展形の「ツイン指値」です。「株価がこう動いたら、この値段で買い(売り)たい」という複雑な要望に対応した注文方法で、これがあるのとないのとでは全然違います。


また、最初の注文が約定したら自動的に次の発注をする「連続注文」、買い注文が約定したら売り注文を自動的に出す「リバース注文」は、先の注文が約定したらすぐ次の注文を出したいのに、いちいち確認している時間がない人には非常に便利な機能です。


通常の成行や指値の注文にも、様々な条件を設定することができます。成行よりも有利な価格で買える可能性のある「先頭指値」、売買タイミングを市場の開始(寄付)または終わり(引け)に限定する「寄り・引け注文」、指値で約定できなかった注文を市場の引けで確定する「指成」と、あらゆる条件がそろっています。


さらに期間指定も自由自在で、当日中、当日前場(後場)のみから、最大30日までの期間設定ができます。長い期間の設定ができると、何度も注文を入力し直す必要がないので便利です。


なお、これらの注文方法は全て通常と同じ売買手数料です。証券会社によっては複雑な注文方法の場合手数料が変わってくるところがありますが、一律だと安心して利用することができます。


「チャートフォリオ」で宝探しのような銘柄検索


チャートフォリオはトライベッカ株式会社による投資情報ツールで、チャートの形状から銘柄を検索できるユニークなツールです。


「急上昇」、「もみ合い」、「下げ止まり」など、数値では設定できないチャートの動きを、矢印のようなイメージで普曙サしてあり、25種類のパターンから選んでクリックすると、その形状に似た動きをした銘柄を表示してくれます。


一般的な業種検索は分類項目が抽象的で分かりにくいのですが、ここでは「レジャー」、「ネットビジネス」など身近なテーマで分類してあるので非常に分かりやすいです。そのオリジナル業種一覧では、大分類・中分類それぞれでランキングを表示してくれます。


いずれの機能も無料で利用することができます。チャートフォリオが使えるのは、マネックス証券株式会社と松井証券だけです。


高機煤純gレーディングツールならこんなことができる!

マネックス証券株式会社のトレーディングツールは、パソコンで使えるものだけでもこれだけあります。それぞれ株価情報表示、チャート分析、注文発注などさまざまな用途があります。

<無料ツール>
・ マーケットボードプロ(はじめての人向け)
・ マネックストレーダー(初心者〜上級者)
・ マーケットステーション(初心者〜上級者)
・ マルチボード500(初心者〜上級者)

<有料ツール>
・ マネックストレーダープロα(上級者)
・ マーケットライダープレミアム(上級者)
・ Market Walker(上級者)
・ マーケットライダー(中級者)


それぞれ特徴があり、自分のレベルや好みによって使い分けることができます。「初心者でも使える」とあるツールでも、プロトレーダーの投資環境に匹敵するものもあります。


どれも高機能ですが、特に注目したいのが「マネックストレーダー(無料)」です。このツールには、チャートの形状から銘柄検索ができる「チャートフォリオ」の機能が盛り込まれています。


また、「ダブルクリック注文」や「ロケット注文」といった新しい注文方法を使うことができるほか、テクニカル分析を用いて本格的なプログラムトレードを行うことができます。無料だからといってあなどってはいけません。


パソコンと変わらない環境をモバイルでも提供

マネックス証券株式会社は、携帯アプリのみならず、iPhone、Androidのスマートフォン、iPadといったタブレットを使ったトレーディングツールの提供に既に対応しています。


ほぼパソコンと同様のサービスを受けることができ、もちろん売買の発注もできます。モバイルでありがちな、情報量が限られている、操作が面倒、やたら遅い、といった問題は見当たりません。


大画面で多くの情報を同時に表示できないことと、投資信託など一部で使えないサービスがあることを除けば、マネックス証券株式会社のモバイルアプリではパソコンと変わらない機煤を使える上、場所や時間を選ばないというメリットがあります。


マネックス証券株式会社の今だけのキャンペーン情報・お申込はこちら
マネックス証券株式会社のさらに詳しい口コミ・情報はこちら

※アンケート結果による満足度ランキング