人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

トップへ > 楽天証券徹底特集! > 外国株、投信ユーザーにオススメの楽天証券 他社にはない強みとは?

外国株、投信ユーザーにオススメの楽天証券 他社にはない強みとは?

ここでは、楽天証券の取扱商品について、他の証券会社と比較しながら、その強み・弱みについて検証していきます。いきなりですが、楽天証券が特に強い商品は、私は大きく分けて以下の2つだと思っています。

 ・投資信託
 ・外国株式

とはいえ、大手のネット証券であれば、最近はたいていのものは取り扱っています。取扱商品の比較をしているサイトは複数あるので、ご覧になってみて下さい。楽天証券、SBI証券、マネックス証券などの大手ネット証券であれば、ほとんどの商品に「O」が付いています。


じゃあどれも同じなの?と言えば、そうではありません。「一応扱っています」というのと、「わが社の看板メニューです」というのとでは、大きな差があるからです。その差は、取扱い本数、種類の豊富さ、情報・サービスの充実度でなどから生まれてくる差です。


では、楽天証券の投資信託と外国株式が、他社と比較してどのように優れているか、以下に述べていきたいと思います。


(1)楽天証券の商品の強み、その1 投資信託

楽天証券は、SBI証券と業界1,2を争う金融商品の幅広さを持っています。まさに金融商品の「楽天市場」とも言える品ぞろえです。


中でも、投資信託の取扱本数は日本最大級です。実はつい最近までトップだったのですが、SBI証券が追い上げてきて僅差で抜かれました。それでも種類の豊富さには定評があります。

投資信託の中でも好評なのが以下の3つです。

 ・ノーロード取扱本数 (業界第1位)
 ・国内ETFも充実
 ・少額から始められる積立投信


投資信託全体の種類の、楽天証券独自の楽天投信ファンドも充実していますが、ノーロードと呼ばれる手数料のかからない投資信託の取り扱いは、業界ナンバーワンです。


他に投資信託で充実しているのは、ETFです。ETFとは市場全体の指標に連動する投資信託です。個別株の情報を個人が得るのは大変ですが、「日本全体はこれから良くなるかも」と感じている時などに使える投資先です。


楽天の投資信託は少額から始められるというのがウリです。例えば積み立てを1000円から始められる『ミニ積立』というものがあります。資金が限られていて分散投資できない場合でも、気軽に複数の投資信託が買えます。


ノーロードとかETF積み立てとか、投資信託ってなんだか難しそうと思われるかもしれませんが、そんなことはありません。みんなでお金を集めて、プロが運用し、その利益を分け合うのが投資信託です。実は、初心者向けの金融商品なのです。


(2)楽天証券の商品の強み、その2 外国株

特筆すべき楽天証券の強み、2つ目は外国株です。
楽天証券で海外株を運用するメリットは、その取扱数の豊富さ、投資や学習のための情報の充実さ、そして資金移動のスムーズさです。


海外株の取扱数の豊富さは、以下の通りです。
 ・米国株式取扱本数(業界第1位)
 ・海外ETF取扱本数(業界第1位)
 ・外貨建てMMF取扱通貨数(業界第1位)


米国株だけでなく、人気の中国株も買えます。株式では米中以外ありませんが、EFTやMMFではベトナムやアフリカまで多彩なラインナップが見られます。


外国の個別企業のことまで詳しく知るのは非常にハードルが高いので、「この国は今後伸びる」とその国全体に投資を行うなら、市場全体の指標に連動して動くETFがおすすめです。


外貨建てMMFも、楽天証券で非常に評価の高い商品です。これがあるから楽天証券を使っているという声を聞くほどです。人気の理由は、取扱本数だけでなく、最低購入単位が他社と比べて小さく、少額から投資できる点のようです。


外国株に抵抗感を持ってしまう理由は、まず情報や知識が足りなくて心配、ということだと思います。楽天証券では外国株のニュースが日本と変わらない感じで見ることができます


また、勉強のための情報も豊富です。「米国株式入門講座」、「中国株式入門講座」、「海外ETF入門講座」など、たとえ買わなくても読みがいがあるコンテンツが多数提供されています。


最後に楽天証券で外貨を扱うメリットは、その資金移動のスムーズさにあります。楽天では、海外MMFを保有すると、そこから海外の株式や債券を買うことができるのです。他社の場合、一度外貨MMFを解約するか、再度円を外貨に替える必要があるところもあります。


楽天の取扱商品で他に劣るのは?

では、最後に、楽天証券の商品面であまり評判が良くない点を3点述べようと思います…と思っていたのですが、最近改善されたらしく、このうち2点は解決済みでした。詳しくは以下のとおりです。


1つめは、FXの手数料が高くツールが使いにくいという評価が多かったのですが、FX専業会社マネーパートナーズと提携して新サービスを開始し、どんどん取引数を伸ばし、評価も上々のようです。


2つめは、個人向け国債の取り扱いがないことだったのですが、これも2010年10月から取扱をスタートしています。


残る3つめの単元未満(ミニ株)の取り扱いがないことはそのままのようです。逆に言うと他のものはたいてい補えているということでしょうか。


証券会社も、得意分野をしぼってそこを重点的に扱うというのも1つの戦略だと思うのですが、楽天証券は品ぞろえの幅を重視しているようです。それは、まさに「楽天市場」のようだと思いました。


楽天証券の今だけのキャンペーン情報・お申込はこちら
楽天証券のさらに詳しい口コミ・情報はこちら

楽天証券 徹底特集

楽天証券の資料請求を考えている方へ!楽天の長所・短所を検証

外国株、投信ユーザーにオススメの楽天証券 他社にはない強みとは?

ツールも情報サービスも充実の楽天証券 他社との違いはここにある!

楽天証券の手数料て安いの?その他サポートについて等も検証してみた

デイトレードなどの積極投資型におすすめなのはやっぱり楽天証券!


※アンケート結果による満足度ランキング