人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

トップへ > 楽天証券徹底特集! > 楽天証券の資料請求を考えている方へ!楽天の長所・短所を検証

楽天証券の資料請求を考えている方へ!楽天の長所・短所を検証

ネット証券を選ぶ際、何を基準にしますか?
手数料?ツール?それもいいですが、やはりその証券会社の特性をつかんで、信用できるか、自分に合っているか、好感が持てるか、総合的に判断するのがいいと思います。なんといっても、大切なあなたのお金を預ける会社なのですから。

今回は楽天証券にスポットを当てて検証していきましょう。


(1)楽天が運営する、大手ネット専業証券

ご存知、楽天株式会社が運営する、大手のネット専業証券会社です。ネット専業の意義は、既存の対面営業の証券会社と違って、店舗や営業員がいらないため、手数料が安くおさえられるメリットがあると言われてきました。


しかし、最近は大手証券会社や銀行などがネット証券に参入してきたので、価格競争が起きて、どこも手数料はある程度低く抑えられています


それによって、大手ネット専業証券会社は、独自のサービスに力を入れるようになってきています。ユーザー側からすると、実に喜ばしいことですし、それを証券会社選びにも活かしたいですよね。


大手のネット専業証券会社は、以下の5社だと言われています。
 ・SBI証券(SBIホールディングス)
 ・松井証券
 ・楽天証券(楽天)
 ・マネックス証券(マネックスグループ)
 ・カブドットコム証券(三菱UFJフィナンシャルグループ)

あなたが楽天証券と他の証券会社の比較を行いたい場合は、まずはこれらと比べてみると良いでしょう。


大手ネット専業の他には、新興ネット証券会社(岡三証券、GMOクリック証券など)、先物系証券会社(ひまわり証券、トレイダーズ証券など)があります。これらは取扱商品や対象顧客(プロ向けか初心者向けか)などに比較的強い特徴があります。


(2)他の証券会社と比べてどうなの?

老舗証券会社でありながら、ネット専業証券のパイオニア、松井証券。
同じく証券会社系で、業界最大手を突っ走るガリバーはSBI証券。
楽天証券は、異業種IT業界からのチャレンジャー、といったところでしょうか。


口座数や預かり金額などの規模で言うと、業界ナンバーワンのSBI証券にはかないません。2011年3月時点でSBI証券が220万、マネックス証券が121万、楽天証券は108万で3位です。


しかし、楽天証券はプロから初心者まで非常に人気の高い証券会社です。
 ・ストック・リサーチ → 2位(2009年1月)
 ・Gomez → 3位(20101月)
 ・ネット証券.net → 1位(2011年4月)
 ・価格.com → 1位(2011年4月)


特に最近の人気上昇が目覚ましいですね。人気の秘訣は何でしょうか?
「マーケットスピード」と呼ばれる取引ツールにはもともと定評がありますし、イーバンク銀行が楽天銀行になり、入出金がスムーズになったことも重要な要素でしょう。あとは情報サービスが優れているという口コミをよく見かけます。


私はそれだけでなく、楽天市場で使える楽天スーパーポイントを稼げる、という楽天ならではの独自サービスを上手く使っていると思います。手数料や金利など比較できる要素はたくさんありますが、正直なところ、細かい差は実感しにくいですよね。


そこで、口座開設や普段の取引、新しい金融商品などにポイントをつけることによって、「何となくお得感」をゲットできる、という作戦です。こういった顧客心理をつかんだサービスが、人気の秘訣なのではないでしょうか。


楽天証券ならではの独自サービスは?

楽天証券のオリジナルなサービスと言えば、大きく2つあると思います。1つめは「マーケットスピード」という、投資家から絶大な評価を受けるトレーディングツールです。2つめは、楽天市場で使える「楽天スーパーポイント」が貯まる「楽天証券ポイント制度」です。


マーケットスピードは、楽天証券自慢のオンライン・トレーディングツールです。株価や経済指標など、様々な情報が自動更新・リアルタイムで見ることができます。また、その情報画面からスムーズに注文を出すこともできます。機能が豊富で使いやすいと、現在40万人以上の投資家が利用する看板ツールです。


楽天スーパーポイントの制度は、実に楽天ならではです。口座開設や株の取引をするだけで、楽天市場で使えるポイントがもらえるのです。SBI証券をはじめとする他社もポイント制度を取っていますが、現金やマイレージに変換する手順が煩雑で、ポイントを獲得する時もあまり実感がわかない印象です。


楽天ポイントであれば、楽天市場で買い物をする人なら誰でもなじみがありますし、ポイントはすぐに使える方が「お得感」がアップしますよね。


あえて短所を挙げると?

さて、あんまり褒めてばかりだと公平性に欠けるので、ここで楽天証券の短所についてふれておきましょう。


楽天証券のちょっと心配だなと思う点は、たびたびシステムトラブルを起こしているということです。ログインできないなどの深刻な障害を、2005年以降何度か起こしており、金融庁から業務改善命令も3回受けています。直近では2009年に1ヶ月間の業務一部停止命令を受けています。


豊富な情報量と使いやすいツール、さすがはIT系企業が作ったネット証券だなと思っていたのが、システムが脆弱ではちょっと心配です。しかし、ライバルのマネックス証券も2回の業務改善命令を受けており、ネットで株取引するには必ずつきまとう問題なのかもしれません。


楽天証券も懸命に改善策を出しているので、多様なサービスを支えるどっしりとしたシステムの香薯zに期待したいですね。


楽天証券の今だけのキャンペーン情報・お申込はこちら
楽天証券のさらに詳しい口コミ・情報はこちら

楽天証券 徹底特集

楽天証券の資料請求を考えている方へ!楽天の長所・短所を検証

外国株、投信ユーザーにオススメの楽天証券 他社にはない強みとは?

ツールも情報サービスも充実の楽天証券 他社との違いはここにある!

楽天証券の手数料て安いの?その他サポートについて等も検証してみた

デイトレードなどの積極投資型におすすめなのはやっぱり楽天証券!


※アンケート結果による満足度ランキング