人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

トップへ > 岩井証券/ジョインベスト証券/楽天 > 楽天証券の評判をチェック!!利用者が楽天証券を選ぶ理由とは?

楽天証券の評判をチェック!!利用者が楽天証券を選ぶ理由とは?

ここでは、楽天証券の良い口コミ・評判と悪い口コミ・評判をご紹介したいと思います。楽天証券もネット証券最大手クラスですから、評価に関しては人それぞれです。まずはいい口コミについてご紹介していきたいと思います。


楽天証券の良い評判、口コミ



◆ 自分にとっては、取引ツール(マーケットスピード)が非常に使いやすいので、メインで利用しています。

◆ 取引ツール(マーケットスピード)の取引暗証番号省略機能が便利。

◆ 一年以上利用しているが、システムトラブルに遭ったことがない。


【解説】
楽天証券の評判の中では、圧倒的にマーケットスピードを評価する声が多いです。かなりソフトの変更を重ね、かなり多くの投資家のニーズを満たすものとなっています。他社でも取引ツールが数多く出されていますが、巡り巡ってやはりマーケットスピードだなぁという声も聞かれます。


また、マーケットスピードは、事前に取引暗証番号を入力して置く事で、買いや売りの発注時に暗証番号を入力することなく、手続きをすることが出来ます。特に目新しいサービスではありませんが、やはり有ると便利です。基本はしっかりと押さえていますね。




◆ マーケットスピードのマイページが、自由にアレンジできるので、非常に便利。


【解説】
マーケットスピードのマイページとは、マーケットスピードに搭載されている情報を自由にレイアウトできる機能です。4分割できるカット画面と10画面まで登録できるマルチ画面があり、そこに利用者が選んだ情報を掲載します。それを15ページまで登録できるのでかなり自由度が高いです。


また、有名な機能なので有志の方がそれようのツールも作成しており、表示時間を決めて次々とマイページを切り替えていく、なんてソフトもあります。やはり、自分で設定を替えて好みに合わせられるのは便利です。高い評価を受けている理由の一つとなっています。




◆ マーケットスピードは3か月に一回取引をすれば、無料で利用できる


【解説】
1. マーケットスピードは基本有料のソフトなのですが、無料になる条件がかなり緩く実質無料で提供されているソフトです。(楽天証券の口座は必要)


無料となる条件は、

はじめての利用から3ヶ月は無料
2. 信用取引口座・先物・オプション取引口座、楽天FX取引口座を開設すると無料
3. 預り資産残高30万円以上で無料
4. 過去3ヶ月に・国内株式(信用取引を含む)・先物オプション取引・米国株式・中国株式・カバードワラントで約定のある場合
となっています。


4の場合でも、3ヶ月に一回約定が有ればいいのでほとんど気にならないはずです。せっかくならツールは無料なのがいいので、この条件で無料なのはとてもありがたいですね。




◆ 往復決済で、手数料が片道分になる。


【解説】
往復決済とは、1日のうちに同一銘柄を売買する(いわゆる日計り)ことですが、楽天証券ではこの際に、売り買いのうちの片方の手数料を無料にしています。このサービスの事を「デイ割」と言っています。


ただし、これは「いちにち定額コース」を選択している場合に限ります。往復決済の片道無料は、やってない証券会社も多いので有利なポイントでしょう。特に日計りの多い方には差が出る点となります。




◆ 逆指値機能があり、ストップロス注文に便利。
  また、取引ツールの使いやすさは、他の取引業者と比べて一番いいと思う。


【解説】
逆指値とは、指定した買い値よりも高くなった時に買い注文を行ったり、指定した売り値よりも安くなった時に売ると言う注文方法です。通常の指値とは考え方が逆になるので、「逆」指値といいます。


楽天証券ではこの注文方法が可能です。逆指値は、保有している株式が想定外の値下がりをした時のためのリスクヘッジに便利です。これが無い証券会社はちょっと不便なので、有利なポイントの一つですね。




◆ 獲得したポイントを楽天市場で使えるのが嬉しい。


【解説】
楽天証券では、国内株式の場合、取引手数料100円につき1ポイントが付与されます。楽天ポイントは1ポイント=1円として楽天市場などで利用できます。ポイントを活用する場合は、ポイントを集められる行動をどれだけ一箇所にまとめられるかが鍵となります。楽天の場合は、ポイント付与の間口が広いのでその点が有利です。


◆ リアルタイムランキングなど、参照機能が豊富。

◆ 電話サポートのオペレーターが非常に丁寧で、好感が持てる。

◆ 米国株やMMFができるので、国際派に向いている。


次に、悪い口コミや評判についてご紹介していきたいと思います。


楽天証券の悪い評判、口コミ<


◆ サーバー強化と言っている割には、それほど大きな進歩がない。

◆ サーバーを入れ替えた割には、約定までに時間がかかる。


【解説】
サーバやシステム系に関しても、人によってかなり評価が分かれる所です。約定のタイミングは必ずしもサーバやシステムだけに左右されるわけでも無いのですが、不満を持ってる方も相当数いる感じです。




◆ しばしばシステムがストップし、デイトレーダーの頭を悩ました。


【解説】
楽天はネット関連企業の代表格なのですが、どうもシステムに関する評判は良くないですね。システムが不安定なのは頭に入れておいたほうがいいかもしれません。




◆ 出金先の口座に「ゆうちょ銀行」を指定できない。


【解説】
ゆうちょ銀行は日本最大の店舗網を誇るだけに、特に地方在住者には残念なことです。また、リアルタイム入金の取り扱いは出来るためにかなり片手落ちな感じはします。




◆ 夜間取引を復活させて欲しい。


【解説】
元々楽天証券は夜間取引の際に「SBIジャパンネクスト」の夜間取引サービスに参加していました。しかし、現在(2011年12月9日)ではその参加を見合わせている状況です。




◆ NYダウの情報がリアルタイムではなくなった。


【解説】
NYダウのリアルタイム配信は有料のサービスになりました。(1ヶ月1,050円)こちらは、過去1ヶ月に手数料の発生する米国株式を、1回以上約定すると無料になります。ただ、以前は無料だったのでちょっと残念ですね。


◆ コールセンターへ繋がりにくい。

◆ 手数料コースの変更をどこからするかが分かりにくい。

◆ 配当の振込がどこで見られるかが分かりにくい。

◆ ガイドには、口座開設から3か月の間、20万以下の取引だと手数料無料とあったが、3か月もたたないうちに、手数料を取られた。


口コミを総合すると・・・


以上、良いもの悪いもの、色々な口コミをご紹介させていただきました。口コミを総合して、自分の経験も加えて考えますと色々見えて来ることがあります。


楽天証券の場合、まず考えるのは「マーケットスピード」を使うのか、使わないのか、です。異論はあるかも知れませんが、個人的に「マーケットスピード」は株式取引における最強ツールであると考えています。


取得できる情報の豊富さ、カスタマイズのし易さ、自由度など、追随している他社のツールを2歩ほど先んじている感があります。機能の豊富さで勝るものはあるのですが、やはり年季の差で洗練の度合いが違います。「マーケットスピード」を使うのであれば、それだけで楽天証券に口座を開くべきでしょう。


逆に「マーケットスピード」を使わない場合は、あまりお勧めできない証券会社となります。1年ほど前までなら手数料面でも優位性がありましたが、手数料の値引きが激化する中、そこまで優位な手数料体系ではなくなりました。


楽天証券の場合、システム面・ユーザーサービス面では、どちらかと言えば劣りますので、その部分での期待は出来ないでしょう。


特に、システム面は普段のサーバーの安定性や使用感、利用画面の改変などに関してあまり評判が良くありません。ネット関連会社としては大きな会社なので、もう少しがんばってくれてもいいのになと感じます。


直接的なユーザーのサポートも特に好評というわけではありません。ただ、口コミを見てる分には、まぁ標準より多少良くないくらいかなと思います。自分が分からない事に関して質問する分には問題無いと思います。それ以上の親切さを求めるとちょっと不満が出るかもしれませんね。


逆説的に、手数料・システム・ユーザーサービスで優位性が無いにも拘らずここまで開設口座が多いのは「マーケットスピード」の素晴らしさを物語ってるとも言えます。


「マーケットスピード」を使う場合には利用する、そうじゃない場合には利用しない、はっきり分かれる証券会社だと思います。色々学んで、楽しいネット株ライフをお送りください!


楽天証券の今だけのキャンペーン情報・お申込はこちら
楽天証券のさらに詳しい口コミ・情報はこちら


※アンケート結果による満足度ランキング