人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

トップへ > ネット証券初心者必見!!使える攻略法!! > 投資の心得 〜株の売買についての心がまえ〜

投資の心得 〜株の売買についての心がまえ〜

株の取引で、株価が変動するということは日常茶飯事です。
よって、わずかな株価の上がり下がりに一喜一憂してはいけません。


株式投資で失敗する人は、「一発当てて大儲けしてやろう」という人です。
このような人は一度に大金を突っ込み、日常的なわずかな値動きで大きな損失を生みだして沈んで行くものです

また、利益の確定しかできない人も危険です。つまり、+¥5000の決済は出来ても、-¥5000の決済が出来ない人です。-¥5000の損失が次第に膨らんでゆき、コツコツと貯めた利益を一度の損失でドカンと失う事が多く見られます


成功するためには、株について熱心に勉強し、リスクをきちんと割り切って考えられる事が重要です。


私の場合は株主優待、配当金を重点に置いて銘柄を選別しています。たとえ株価が下落しても、株主優待や配当金が得られれば良いと考えています。


しかし何があっても保有を続けるというわけではありません。
ここまで下がれば決済する、というルールを決めておき、もしその時が来てしまったら潔く決済します。一気にドカンと失う事だけは避けなければなりません。


成功の為の手法は千差万別ですが、次に紹介する相場の格言は誰に対しても共通して言える事です。これを守らずして成功する事はありえません。


株式投資の格言


これらは諺のようなもので、先人が経験から学んだ事を言葉として残したものです。投資を行う時には心に留めておく必要があります。


見切り千両


株価が下落して反転が期待できないような株は、すぐにでも決済すべきである、という意味の言葉です。いきなり損失に関する言葉ですが、これが一番重要です。


どんな優れた分析力を持っていても、勝率100%を保ち、ひたすら利益だけを得るなどという行為は不可能です。時には損をしてしまう事もあるでしょう。そのような株は致命傷となる前に決済する事が重要です。


もちろん損失が許容範囲内であれば持ち続けてもかまいませんが、いつまでも引きずると危険です。自分の保有する株価が下がってきた時は、つい目を背けたくなるものですが、しっかりと向き合いましょう。


私は粉飾決済で暴落したあのライブドアの株を持っていたのですが、ニュースを見てすぐに売りに出しました。損はしましたが、それでも資金は残りました


あのまま保有していたら、株はただの紙くずと化していたでしょう。損を確定させるという行為は、とても悲しく辛い行為ですが、あの時の決断は間違っていませんでした。


利食い千人力


株式投資の含み益は利食いをして初めて意味がある、という意味の言葉です。利食いとは、含み益のある株を決済して実益として確定する行為の事です。


株式投資では、利食いを行うことで利益が確定します。含み益が100万円になったとしても、それを確定できないのであれば意味はありません


保有する株価が上がってきた時は、もっと上がるのではないかと欲張ってしまうこともあるでしょう。しかし永遠に上昇を続ける株などあるわけがありません。目標利益に届いたならば、素直にそこで利食いをしましょう。


休むも相場


無駄な取引は行わず時には休むことも必要である、という意味の言葉です。株に慣れてくると、常に何かを取引していないと落ち着かなくなることがありますが、売買している時だけが相場ではありません


手を出すのが怖いと思う時であれば、一度離れて他の事をしましょう。テレビを見るも良し、外で食事を楽しむも良し、一家団欒ですごすも良いでしょう。


株に関しても、情報収集を行うなり、資金を貯めるなり、取引以外にもやるべきことは他にもあるはずです。


投資の資金


最後は資金に関する話です。
基本的に投資というのは余裕資金で行うものです。そのため、生活費を削ってまで手を出す必要はありません。普通の預金とは別の浴庶Zで取り組むべきです。


ましてや借金での投資など言語道断です。特に家庭を持っているお父さん、お母さんは子供の未来を壊すような真似は絶対にしてはなりません。私の場合は、最初はボーナスをもらったときに端数が余ったので株にチャレンジしたのがきっかけでした。


それ以後はまっていますが、普通の給料は預金、残業代が多かったときなどには株式投資、と振り分けています。投資に当てる資金は、損失が出ても困らない金にすることが基本です。


株式投資を始めると、普段見る事のない金額が目に映る機会が増えていきます。それらの金額が利益や損失になるに限らず、見るだけで価値観が狂ってしまう事もあるかもしれませんが、生活に必要な資金は必ず確保しておきましょう。


それぞれのスタンスがあると思いますが、どんな取引を行うにせよ株に対する心構えは必ず必要となります。焦らず自分なりの心構えを持って株の売買と向き合って行くことが重要です。


※アンケート結果による満足度ランキング