人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

トップへ > ネット証券初心者必見!!使える攻略法!! > ネット証券 手数料で比較してみよう!! 

ネット証券 手数料で比較してみよう!! 


投資スタイルは人により様々。
デイトレーダーのように頻繁に取引する方や、
中長期的に運用する方など。
あなたの投資スタイルにより、選ぶ証券会社も変わってくる。

特に同日中に頻繁に取引する投資スタイルの方にとっては、
手数料の差額は取引回数が頻繁であるため大きなコストになってしまう。
また、中長期投資目的の方は、1回の取引での手数料額が気になるところ。
最近では一日の定額制をとっている証券会社も多くなってきた。
あなたの投資スタイルに合わせて様々な証券会社を選択できるようになってきている。


【口座管理手数料】

ほとんどのネット証券会社は無料

【入出金時の振込手数料】

入金は投資家の負担、出金は証券会社の負担と言うのが一般的だが、
全て無料のところもある。
手数料で損をしないと言うのも個人投資家にとっては
押さえておきたいポイント。

【手数料一覧(現物取引)】
                     
会社名
10万円
20万円
50万円
100万円
300万円
SBI
150円
199円
293円
525円
994円
0円
315円
525円
1,050円
3,150円
ジョイン
ベスト
100円
200円
400円
750円
1,400円
マネックス証券
108円
194円
486円
成行注文:1,080円
指値注文:1,620円
成行注文:3,240円
指値注文:4,860円
オリックス
315円
315円
315円
1,050円
3,150円
楽天
472円
472円
472円
840円
1,575円
カブドットコム
500円
500円
1,050円
1,050円
1,890円
GMOクリック証券
95円
105円
260円
470円
900円
※2016/09/27現在
※上記の手数料は、消費税込の料金です。


【注目の証券会社!!!】

SBI証券

業界最低水準の手数料体系でどの取引方法でも安さが目を引く!
特に信用取引の手数料設定は別格。
他社と比較しても圧倒的に安い

ジョインベスト証券

業界最低水準の手数料設定。
特に低い金額での取引には有利な設定金額。

GMOクリック証券

業界でも珍しい現物取引手数料(1日定額プラン)を開始。
【現物取引手数料(1日定額プラン)】: 約定代金~600万円の場合、手数料「2530円(税込)
取引を頻繁に行うデイトレーダー向き

松井証券

業界で始めて一日定額制(ボックスレート)を開始。
10万円以下なら手数料は無料
少額で投資する方には最適のプラン。

※アンケート結果による満足度ランキング