人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

トップへ > ネット証券初心者必見!!使える攻略法!! > ネット証券 口座開設 するならずばりどこ??!

ネット証券 口座開設 するならずばりどこ??!

ネットで株を始める際に大切なのは、どの証券会社に口座を持つかです。自分はなんとなく決めて始めたんですが、それはちょっと損なやり方。ここからは、証券口座を開設するときに気をつけるポイントとお勧めの証券会社を紹介したいと思います。

口座開設も戦略

ネット株を始めて、自分の株式口座を持つ際に大切なのは、 1.複数の株式口座を持つ 2.ステップアップするように、口座を順に開設する 3.各証券会社の特徴を掴み、全体で弱点を埋める この3点になります。


1.複数の株式口座を持つ
株を始めたばかりだと、一つの口座で全部済ませようとしちゃうんですよね。でも、一つの証券会社で全てに対応するのは難しいです。


例えば、一日の約定額(株を取引した額)が大きいほうが特になる証券会社、小さいほうが特になる証券会社、両方あるんですが、これを一つの証券会社で満たすのは不可能ですよね。それら色々なケースをカバーするため、複数の株式口座を持つことは大切です。


2.ステップアップするように、口座を順に開設する
証券会社にも専門的なところや、初心者に優しい所、特定の商品に強いところなど色々あります。


自分の株の経験に合わせて証券会社を選べば、無理なく株式運用の力がつきます。いきなり1億円以上株を買うと手数料はすごく安いから!と言われても困りますもんね。


3.各証券会社の特徴を掴み、全体で弱点を埋める
最初の口座で慣れてきた頃に物足りない所をカバーするよう口座を開設します。2つ目、3つ目も費用的には負担になりませんから気に入ったら気がねせずに開設していきましょう。


最初の口座は松井証券から


そこで、まず最初の口座としてお勧めするのは松井証券です。


松井証券の最大の特徴は、1日の約定代金合計(株の売買をした金額)が10万円までの場合 手数料が0円、かからないって事です(現物取引の場合)。株の売買をしても手数料がかかりませんから、まず株式取引に慣れるために使ってみましょう。


今は2,000円程度でも購入できる銘柄もありますし、取引自体は一日の約定代金10万円で十分出来ます。電話やサイトで質問もしっかり出来ますので、まずはここから試してみるのがいいかなと思います。


デメリットは、一日の約定代金が上がってくると手数料が上がることです。約定代金が1日500万円を越えるとGMOクリック証券の約2倍の手数料になります(松井証券5,250円 GMOクリック証券2,240円)。そこは、後々他の証券口座を利用してカバーです。
※上記の手数料は、消費税込の料金です。

松井証券の今だけのキャンペーン情報・お申込はこちら
松井証券のさらに詳しい口コミ・情報はこちら


慣れてきたら証券口座もステップアップ


松井証券の口座で1ヶ月から2ヶ月株式運用をしていると、少しずつ自分の求めるものも見えてくると思います。


例えば、1日10万円では足りないとか、もっと多彩な商品を扱ってみたいとか・・・。
そのような自分のニーズが見えてきたら、新しい証券口座も開設して行きましょう。当然、松井証券にも良い所がありますのでその口座も、そのままで。


では、複数の口座を開設する時にお勧めの証券会社を紹介します。


楽天証券


楽天証券はサービス内容も悪くないのですが、ネット株取引ツールの「マーケットスピード」の評判がいいです。一番ハードな取引をしているデイトレーダーの方が使ってる話も聞きます(それプラス何か、という方が多い)。


デイトレーダーの方と同じ使い方・・・とまではいかなくとも、便利なツールなのは間違いないので、これを使うために口座開設してもいいと思います。多少使い方も難しいんですが、一回慣れてしまえば手放せなくなります。


デメリットは、スマートフォンアプリの完成度が低いことです。マーケットスピードの出来がとてもいいので、アプリにも期待がかかるんですが・・・。これは今後の課題だと思います。


楽天証券の今だけのキャンペーン情報・お申込はこちら
楽天証券のさらに詳しい口コミ・情報はこちら


SBI証券


SBI証券は、インターネット証券会社では最大手となります。SBI証券のメリットは、大手である事を強みとした総合力です。手数料、情報、扱い商品も全て平均以上なんで、こういう証券会社に口座を開設しておくとなにかの時に便利です。手数料も悪くないんで、自分の主力銘柄をここにおいてもOKです。潰しがきく口座になります。


ただし、手数料だけで考えるとSBI証券が最安値では無い事もあるので注意してください。デメリットは、提供されている取引ツールの無料での利用条件が楽天証券に比べて厳しい事


ツールを利用する場合、最低月1回取引する必要があります(楽天の場合3ヶ月に1回の取引実績が必要)。メインで使ってる場合は問題ないと思いますが、注意が必要となります。


SBI証券の今だけのキャンペーン情報・口座開設はこちら
SBI証券のさらに詳しい口コミ・情報はこちら


マネックス証券


個人で投資をする際は、情報の入手も大事です。本屋で専門誌とか見るのも勉強になりますが、そのためのお金や時間もかかります。


マネックス証券では、「J.P.モルガン・アナリストレポート」や「村上経済レポート」など専門誌クラスの情報を無料で提供しているんで、そこでの手間をかなり省けます。


「J.P.モルガン・アナリストレポート」はアメリカ最大手のJPモルガンからのレポートです。ニュースとかでよくアメリカの話も出ますが、元ネタを自分で確認しやすくなるんで重宝します。


デメリットとしては、取引手数料が高めということ。1回ごとの手数料でも1日まとめた場合の手数料でも、他社に比べて高めの設定なのでそこは注意が必要です。


マネックス証券株式会社の今だけのキャンペーン情報・お申込はこちら
マネックス証券株式会社のさらに詳しい口コミ・情報はこちら


野村ジョイ


野村ジョイは、リアル大手である野村證券傘下のインターネット証券会社です。グループ会社なんで、野村證券の影響をかなり大きく受けています。その一つの例がIPO。リアルのほうの野村證券はIPOの主幹事(IPOの取り仕切りをする証券会社)になることが多いです。


そこで野村ジョイでもIPOの取り扱い銘柄が多くなります。他の証券会社では取り扱いがなかったり、枠が小さかったりしますので実際IPOに参加したいなぁと思うと結香渚キが出ます。


また、抽選方法も「完全抽選制」となっています。この場合、それまでの取引実績が無くても差が出ません。初心者でもそこで損をすることは無いわけです。


デメリットは、1取引ごとの手数料の場合に割高になること。他の証券会社は約定額が10万円刻みとかですが、ここはいきなり50万からなので、低額の銘柄を取引する時は割高になります。


GMOクリック証券


松井証券で取引をしている場合、1日の合計約定代金が増えてきたら、その分手数料が高くつきます。その時は手数料の安い口座にメインの株式口座を移す事も考えましょう。


GMOクリック証券は、松井証券より合計約定代金が高いときに手数料が下がります


松井証券の場合、1日の合計約定代金が500万円だと手数料は5,250円です。でも、GMOクリック証券の場合は2,240円。1日で3000円くらい差が出ます。
※上記の手数料は、消費税込の料金です。


売買する際、1日10万円で済みそうな銘柄は松井証券、それ以上のものはGMOクリック証券と切り分けて証券口座に入れるだけで手数料はかなり抑えられます。


なお、GMOクリック証券をメインで利用する場合、スマートフォンのアプリが無い事はデメリットとなります。携帯のアプリはあるんですけどね・・・。


GMOクリック証券の最新キャンペーン情報はこちら
GMOクリック証券のさらに詳しい口コミ・情報はこちら


各証券会社の取引プランについて


各証券会社では、株を売買する際に1回ごとの取引手数料にするか、1日の約定額で取引手数料を払うかの選択が出来ます。


しかし、ほとんどの証券会社で事前にプランの選択が必要となり、切り替えが自由に出来ません。これは大きなデメリットです。


SBI証券の場合、各月の25日24:00までに申し込まなければ翌月からのプラン変更が出来ません。マネックス証券は月末まで。楽天証券はその月の初回の注文時まで。


野村ジョイ証券は、翌営業日から変更できます。GMOクリック証券は1週間ごとの設定で週初めの営業日の前日の24:00までとなります(松井証券は切替自体がありません)。プラン変更に関しては、野村ジョイの自由度が高いです。


複数口座で有利に株式運用を


今まで説明した証券会社や、自分で面白そうと思った証券会社があったら積極的に口座を開設して、有効に活用していきましょう。ここまででご紹介した証券会社は全て口座管理費など完全無料です。


松井証券の口座を開設した後、迷ったらとりあえずSBI証券とマネックス証券の口座を開設するといいと思います。知る事のできる情報が多いのはやはり有利ですんで、ぜひ試してみてください。


ツールの一環として口座を使う(情報を入手する、取引ツールを使う)場合には口座開設に特にリスクはありません。ですが、株の売買に口座を使う場合には手数料や利用環境など、一度確認してから利用しましょう。


複数口座を運用するのもまずは慣れなので、思い切ってチャレンジです。ご紹介した証券会社はセキュリティ面もしっかりしているので、リスクは大きくありません。ぜひ、充実したネット株ライフを目指してください。


※アンケート結果による満足度ランキング