人気の証券会社はたくさんありますが、本当に自分に合っているのかは使ってみないとわかりませんよね。しかし、大切なお金を預ける証券会社です。間違った業者は極力選びたくないものですね。そういった場合にはぜひ当サイトをご利用ください。当サイトではいわゆる業者にとって好ましくない情報(体験談やクチコミ)なども積極的に掲載していますので、その会社の悪い面を知った上で申し込みをすることができます。

トップへ > トップページに表示する > SBI証券の口座開設を考えてる方必見!!開設の手順について

SBI証券の口座開設を考えてる方必見!!開設の手順について

オンライン証券会社では、口座開設の申し込みをWEBで行うことが一般的ですが、SBI証券では、顧客はWEBか店舗か、自分の好みに合った方法で口座開設をすることが可能です。

仕事などで時間的余裕がないなどの理由で店舗への訪問が難しい顧客はWEBでの口座開設が可能です。


一方、オンラインで気軽に株取引を行いたいが、口座開設は、証券会社の社員から直接説明を聞きながら手続きをしないと不安だ、という人もいると思います。そういう人は、店舗に直接出向いて口座を開設することができる訳です。


口座開設時に用意する物


以下、WEBと店舗それぞれの方法で口座開設の申し込みをするときの流れについて確認したいと思います。
その前段階として、口座開設の際に用意する物をまとめました。
WEBと店舗との場合で、若干違いのある点には注意が必要です。


口座開設の際に用意する物


◆ 届け出印鑑
シャチハタ印・縁なし印は不可。


◆ 振込先金融機関口座
必ず口座名義人本人名義の口座を指定。


◆ 本人確認書類

【インターネットの場合】
下記のいずれか1部(コピーでも可)


《運転免許証》
・有効期限年月日を確認。
・住所変更ある場合、裏面のコピーも必要。
・公安委員会の印が判別できるようにコピー。


《住民票の写し》
・発行後6カ月以内が有効期限。


《住民票の記載事項証明書》
・発行日、発行印のある裏面コピーも必要。
・複数ページで発行されたものは全ページが必要。


《各種年金手帳》
・年金の名称、氏名、住所が記載されていることが必要。


《各種健康保険証》
・有効期限年月日の記載がある場合、年月日を確認。
・住所及び生年月日が記載されていることが必要。


《印鑑証明書》
・発行後6カ月以内が有効期限。


《特別永住者証明書・在留カード》
・有効期限年月日をご確認。
・交付日、発行印のある裏面コピーも必要。


【店舗の場合】
下記のいずれか1部(原本に限る)


《運転免許証》
・有効期限年月日確認。


《各種年金手帳》
・年金の名称、氏名、住所が記載されていることが必要。


《各種健康保険証》
・有効期限年月日の記載がある場合、年月日をご確認。
・住所及び生年月日が記載されていることが必要。


《特別永住者証明書」・在留カード》
・有効期限年月日を確認


WEBで口座開設を行う場合の流れ


WEBで口座開設の申し込みをする場合、さらに、オンラインと郵送の2通りの方法があります。オンラインで口座開設を行う場合の流れは以下の通りです。


オンラインで口座開設の流れ


◆ 口座開設ボタンをクリック、フォームで入力
受付完了画面に表示される「ユーザーネーム」「ログインパスワード」を「口座開設手続完了のご案内」到着まで保管が必要。


初回ログイン時に未登録情報を設定
「お客様サイトへログイン」画面に「ユーザーネーム」「ログインパスワード」を入力してログイン。初期設定画面で勤務先や出金先の金融機関などを登録。


口座開設完了通知の受け取り
「口座開設手続完了のご案内」および「口座振替依頼書」などの書類を申し込みの後、最短で翌日には通知書が到着。


本人限定受取郵便の受取認証の登録
「本人限定受取郵便の受取認証登録」画面において「生年月日」「取引パスワード」の入力により受取認証が完了。


 取引開始

郵送で口座開設の流れ

次に、郵送で口座開設を行う場合の流れは以下の通りです。


口座開設の申し込み、SBI証券からの書類の郵送
「かんたんお申し込み」ボタンをクリックし、申込書請求フォームに必要事項を入力。約5日程度で「口座開設申込書が到着。


「口座開設申込書・「本人確認書類」をSBI証券に返送
・吹渚桴曹ニ本人確認書類の住所が同一か?
・本人確認書類で記載内容等が正確に確認可能に?
・捺印は鮮明か?
以上の3点を確認の上、返送。


口座番号、パスワードなどがSBI証券から返送
「口座番号」・「ログインパスワード」・「取引パスワード」などが記載された「口座開設手続完了のご案内」および「口座振替依頼書」などの書類が約10日程度で到着。


初回ログイン時に未登録情報の設定
初回ログイン時、初期設定画面にて、勤務先、出金先金融機関などの登録が必要。初期設定の登録完了後10分〜15分程度で取引が可能に。


◆ 取引開始


店頭で口座開設の申し込みをする場合


SBI証券では、一部店舗を除く全国の店舗で即時口座開設が可能です。
店舗での口座開設の場合、WEBサイトのログインに必要なパスワードなどが発行されるので、最短で口座開設日当日からインターネットでの取引が可能になります。


店頭で口座開設を行う場合の流れは以下の通りです。


◆ 口座開設に必要な書類など
・印鑑(シャチハタ印・縁なし印は不可)。
・振込先金融機関口座。
・本人確認書類(運転免許証、各種健康、保険証、各種年金手帳 外国人登録証明書のいずれか)


◆ 店舗を訪問し、必要書類を記入
スタッフが商品・取引の仕組みとリスクに関する説明を行い、説明後に必要書類に記入、捺印。


手続き完了後、即時口座開設完了用紙の受け渡し
手続き完了時にSBI証券から渡されるものは以下の通り
・口座番号
・顧客専用振込先口座番号
・ユーザーネーム
・初期ログインパスワード
・初期取引パスワード


SBI証券への入金にて取引が可能に
証券総合口座への入金は、通常の銀行ATM等からの「銀行振込」、各提携金融機関からの「即時入金サービス」、「ゆうちょ銀行振替サービス」、「ATMカードからの入金」の4種類のサービスから選択可能潤B


 取引開始


SBI証券の今だけのキャンペーン情報・口座開設はこちら
SBI証券のさらに詳しい口コミ・情報はこちら

※アンケート結果による満足度ランキング